暦年課税というのは、いかなるものですか?

贈与税の課税方法は2種類あり、そのうちの一つです。

 贈与税の課税方法には、暦年課税と相続時清算課税の2つがあります。そのうちの相続時清算課税は、一定の要件に該当する場合に限り用いることができます。

暦年課税については、一人の人が1年間(1月1日から12月31日まで)にもらった財産の価額を合計した額から基礎控除額110万円を控除した残額に対して、贈与税がかかります。それゆえ、1年間にもらった財産の価額を合計した額が110万円を超えなければ、贈与税はかかりません。また、この場合は、贈与税の申告も不要であるとされています。