相続時清算課税財産の贈与者の死亡した時の相続税
財産の贈与を受け、相続時清算課税を利用しましたが、その贈与者が死去しました。この場合における相続税額の計算については、贈与財産の価額に相続財産の価額を加えた額を基に計算しなければならないとのことですが、この贈与財産の価額は相続のときの価額なのですか?

相続税額の計算に際して相続財産の価額と合計する贈与財産の価額というのは、相続のときの価額ではなく、贈与のときの価額のことです。

 相続時清算課税は、贈与税と相続税を通じた納税をする制度です。相続時清算課税を利用した受贈者は、贈与のときに、贈与財産に係る贈与税の納付を行います。その後、贈与者の死去に際しては、その贈与財産の贈与のときの価額に相続財産の価額を加えた額を基に相続税額を計算し、かつて納付を行った贈与税額をその相続税額から控除します。

 そして、課税価格の合計額が基礎控除額を上回らないときは、相続税の申告は不要であるといえます。こうした場合でも、相続時清算課税による贈与財産に関して、かつて納付をした贈与税額が存在するのなら、相続税の申告を行えば還付を受けることが可能です。