相続時清算課税選択届出書を提出する期限(1)
相続時清算課税を活用する受贈者は、相続時清算課税選択届出書を提出しなければならないとのことですが、この届出書の提出期間はいつですか?

相続時清算課税を活用する贈与がなされた年の翌年2月1日以降3月15日までの間(贈与税の申告書の提出期間)が、相続時清算課税選択届出書の提出期間であるといえます。

そして、この届出書を贈与税の申告書に添付し、納税地の所轄税務署長に提出することにより、受贈者は相続時清算課税を利用することができます。

 この届出書には、次のような書類を添付することになっています。
1.贈与者の住民票の写しその他の書類(贈与者の戸籍の附票の写し等)のうち、次のような内容が分かるもの
(1)贈与者の氏名・生年月日
(2)贈与者が65歳になった時点以降の住所又は居所(贈与者の平成15年1月1日以降の住所又は居所が分かる書類でも問題はないといえます)
2.受贈者の戸籍の謄本又は抄本その他の書類のうち、次のような内容が分かるもの
(1)受贈者の氏名・生年月日
(2)受贈者が贈与者の推定相続人であること
3.受贈者の戸籍の附票の写しその他の書類のうち、受贈者が20歳になった時点以降の住所又は居所が分かるもの(受贈者の平成15年1月1日以降の住所又は居所が分かる書類でも問題はないといえます)