相続税の総額計算の仕方
相続税を計算する際、相続税の総額をいかに計算すればいいかについて教えてください。

第一に、相続、遺贈又は相続時清算課税を適用する贈与により財産を取得した人ごとの課税価格(千円未満は切り捨てとなります)の合計を行います。
続いて、次の計算をします。
課税価格の合計額-基礎控除額(5,000万円+1,000万円×法定相続人の数)=課税される遺産の総額
 なお、上記算式の法定相続人の数については、相続の放棄をした人がいる場合であっても、その放棄がなかったものとしたときの相続人の数となります。そして、法定相続人の中に養子が存在する場合は、被相続人に実子が存在するときには養子のうち一名までが、被相続人に実子が存在しないときには養子のうち二名までが、法定相続人に含まれることになります。
 次に、各々の法定相続人が、民法で定められた法定相続分に従い財産の取得を行ったとして、各々の法定相続人の取得金額の計算をします。つまり、次の計算をします。
課税遺産総額×各々の法定相続人の法定相続分=法定相続分に応じた各々の法定相続人の取得金額です(千円未満は切り捨てとなります)
 さらに、次の計算をします。
法定相続分に応じた各法定相続人の取得金額×税率=各々の法定相続人の算出税額
上記算式における各々の法定相続人の算出税額の合計を行えば、相続税の総額になります。